>

運転する練習をしよう

車を運転することに慣れよう

いくら豊富な知識を持っていても、運転に慣れていないと車に乗るのが怖いと思います。
慣れるために教習所では、自分で運転する練習を何度もします。
最初はまっすぐ走る練習から始まって、曲がった道を走ったり坂道に行ったり、踏み切りを渡るさいの練習もします。
教習所内だけでも、豊富な道があるので十分練習ができます。

少し運転に慣れたら、教習所を出て街の道路を走ります。
その時は他の車もたくさんいるので、緊張感が違うでしょう。
事故を起こすと自分だけでなく、周囲の車も巻き込みます。
慎重に運転しなければいけないので、集中力を切らさないでください。
通り慣れている道でも、歩いている時と車を運転している時とでは全く緊張感が異なります。

テストをする時

練習中は、教官がどこの道を通るのか詳しく教えてくれます。
次の信号を左というように言ってくれるので、その通りに進めば良いだけ」です。
しかしテストの際は、目的地だけを言われます。
道順は自分で考えなければいけないので、周辺の地図を頭の中にしっかりと入れておかなければいけません。
地図を覚えていない人は、テストまでにしっかり記憶してください。

テストで何か失敗したら、不合格になってしまいます。
そう考えると緊張してしまいますが、身体が固くなっていると自分の力を十分に発揮できません。
集中するのは良いことですが、心に余裕を持ってください。
緊張しすぎていると、周りが見えなくなることがあります。
それが事故に繋がるので、大変危険です。


この記事をシェアする